ソフトテニス うまくなる?練習方法

「ソフトテニス うまくなる?練習方法」では、ソフトテニスが少しでも上達できる方法を紹介しています。後衛のストローク、前衛のボレーやスマッシュ、そしてサーブやレシーブなどの技術的なことから、試合での戦術やセオリー、気持ち(メンタル)などソフトテニスに関する役に立つ情報が満載です。

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

「攻める」とは強いボールを打つことだけではない

投稿日:2012/05/07 |  カテゴリー:試合での戦術  |  コメント:6  | トラックバック:1
試合では「攻める」気持ちは大切です。

でも、攻めなきゃと思うあまり速いボールや強いボールばかりを打つのでは、ちょっと勿体ないです。

ポイントを取ろうと思って強いボールや速いボールを打つ場合、このボールを決めなきゃと思い余計な力が入ってしまうことがあります。
そのせいで、ネットにボールをひっかけたり、アウトしてしまったりしては、ポイントを取るどころかポイントを相手にあげていることになってしまいます。

もちろん、強いボールを打つべき場面はあります。
強いボールでポイントが取れることができれば、自分たちは勢いに乗ることがありますし、逆に相手の気持ちは弱気になることもあります。

ただ、相手の苦手なところにボールを打ったり、空いているスペースにボールを打つのも、決して弱気な気持ちでも守りの気持ちでも無いです。
ポイントを取るために打つので、「攻める」気持ちで打つことになります。

バウンドが高くて短いボールを打つ時もそうですが、ボレーやスマッシュも考え方は同じです。

チャンスボールが苦手な人もいると思いますが、攻めると言うことは強いボールや速いボールを打つだけでは無いと分かれば、チャンスボールもちょっとだけ打ちやすくなるかもしれません。

調子が悪い時でも、このようなことを知っていれば、何とか立て直すことも出来るので、是非覚えておいてください。

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

【 関連記事 】

テーマ:ソフトテニス in ジャンル:スポーツ

コメント

かーゆです。
こんにちは。

子どもたちには、「攻める」ということの<意識>を持って練習してほしいなと思います。

例えば、
後衛が「攻める」ボールを打てば、前衛の次のアクションが高確率でポイントにつなげられるといったことでしょうか。

相手に少しでも不利な体勢・状況判断をさせるというのが後衛の「攻める」ボール。

<速い>のも間違いなく一つである。

でも、<深い>とか、
逆に<イメージしたより遅い>もそうだし、
<ハーフスピードだけど中ロブ軌道の半シュート>もなんか嫌らしいし。。。
<スライス回転>だとか。。。

相手の嫌がる配球は、いろいろあります。


こういうボールを、意識して打ってほしい。


そう願うのです。

Re: タイトルなし

>かーゆ さん

こんにちは。

「意識」は大切です。
練習でただ何となく来たボールを打っているのと、目的や狙いを持って打つのとでは、上達のスピードも違ってきます。

子供たちは、速いボールを打ってポイントが決まると気持ち良いので、ついつい速いボールを打ちたがりますが、他にも色々と攻めるボールがあることを知ってほしいですね。

練習で一時的に速いボールを打つのを禁止するのも方法の一つかもしれません。

すみません質問です。

相手がカットサーブを打ってきて後衛が前に出たときに
そのまま下がると足元を狙われてしまいます。
そのような場合はどうすればいいでしょうか?

また、そのときの動きについて教えてください。

Re: タイトルなし

>影 さん

1.相手に楽に打たせないようにする。
相手のバック、相手のボディ、サイドライン、短いボールなど相手に簡単に打たせないコースに打ちます。
そうすれば、簡単には攻めてこなくなります。

2.ロブを打つ。
ロブを打てば、滞空時間があるので、後ろに下がる時間が稼げます。

3.相手が攻め来るのを予測して、前衛がポーチする。
相手が前に出ている後衛を狙ってくるのは、そこが弱点だと思ったからです。
ワザと弱点を見せて、そこに打たせるようにすれば、前衛はポーチに行くことができます。

(*´∀`*)コンニチワ~♪
相手に、攻めのロブ(中ロブ?)を送るときに、どうしても長すぎて、アウトしてしまいます。。

こんな時はどうしたらよいでしょうか??

それに、顧問はロブのフォームは首に巻きつけないで、頭
の上にラケットが来るようにしろというのですが、以前もらった
トップ選手のロブの打ち方のプリントにはしっかりと首に巻きついていました。

そこで、ロビングのフォームも教えてくださればありがたいです。

長文の上にまとまってない文章、失礼致しましたm(__)m

Re: タイトルなし

>おかゆ さん

こんにちは。

中ロブはサイドストロークの延長と考えると良いと思います。
それなのでロブを打つためにはスイングの軌道と言うよりも膝の曲げ伸ばしで打つようにすると良いと思います。
そう考えると、フォロースルーは首に巻きつける方が自然なスイングになります。
しっかりとラケットを振り切ることでボールに自然な回転が掛かるのでアウトしなくなります。
スイングもシャープなスイングをする方がボールに回転がかかりやすくなりあmす。

中ロブではなくて、普通のロブを打つ場合は、アンダーストロークになるので、顧問の先生が言うような打ち方の方が良いと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-PR-
ソフトテニスの掲示板
カウンター
プロフィール

夏色のNanty

Author:夏色のNanty
中学、高校と軟式テニス(当時の呼び名)をやっていました。
現在、千葉県在住の会社員でスポーツはするのも見るのも大好きです。
これまで色々なスポーツを経験したり、見たりしてきたことがソフトテニスの上達のヒントになればと思い、ブログを書いています。

Sports XEBIO
人気ソフトテニス本
オススメ商品
ソフトテニスお悩み投票
テニスウェア
ミズノ ナガセケンコー流ソフトテニス【DVD-BOX全5巻セット】 基本をマスターするためナガセケンコー所属のソフトテニスチームがソフトテニスの基本をわかりやすく説明。
ミズノ V首スウェットシャツ 豊富な7カラーバリエーション。 シンプルで飽きのこないデザインです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。