ソフトテニス うまくなる?練習方法

「ソフトテニス うまくなる?練習方法」では、ソフトテニスが少しでも上達できる方法を紹介しています。後衛のストローク、前衛のボレーやスマッシュ、そしてサーブやレシーブなどの技術的なことから、試合での戦術やセオリー、気持ち(メンタル)などソフトテニスに関する役に立つ情報が満載です。

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

素振りは練習には必要が無い?

投稿日:2011/01/20 |  カテゴリー:ストローク  |  コメント:2  | トラックバック:0
いつも当ブログを見て頂いている方でしたら、この記事のタイトルを見たらビックリするかもしれません。

これまでブログの記事だけでなくて、掲示板やコメントに書かれた質問に対してのアドバイスに「素振りの必要性」について書いてきました。

ではなぜ、今回このような記事のタイトルにしたのかと言いますと...

先日近所の中学校の練習を見かけました。

部員の数が多いようで、コートでボールを使った練習に参加出来ない人は、コートの周りの空いているスペースで素振りをしていました。

ところが、この素振りのやり方が、ラケットを振りまわしているだけにしか見えなかったのです。

テイクバックも中途半端、膝が曲がっていないので体重移動も出来ていない、ラケットを最後まで振り切っていない、...。

素振りはボールを使わない練習なので、楽しい練習とは言えないかもしれません。
それで、気持ちが入らなくて、ダラダラとした素振りになってしまったのかもしれません。

でも、このような素振りをするぐらいなら、やらない方が良いです。
やっている意味がありません。
(と言うことで、今回の記事のタイトルにしました。)

では、本当に素振りは必要ないかと言うと、そうではありません。

分かりやすいところで言うと、メジャーリーガーの松井選手は巨人時代に寮の部屋で素振りを繰り返したので床(畳?)にはその時の足跡が今でも残っているそうです。

また、ピッチャーもタオルの先端に結び目を作ったもの持って、投球の練習(シャドーピッチング)をします。

野球の世界では、上手い選手ほどこのような練習をすることでフォームの確認をしたり、フォームを固めたりします。

同じことがソフトテニスでも言えるとは思いませんか?

正しいスイングを身につけるため、そしてそのスイングを自分のものにするために、素振りは大切な練習です。

私が見かけた練習風景で素振りをやる場合は、上手い選手のスイングを真似するように素振りをしても良いと思います。
目の前に手本がいるわけですからね。

どのように体重移動をしているのか、テイクバックはどうしているか、ラケットを持っていない方の手の動き、インパクトのポイントなど、参考になるところはたくさんあるはずです。

また、このブログでも良く紹介している素振りのやり方で、スーパーなどでもらえるレジ袋(大きめのやつ)をラケットの面に被せた後レジ袋の口を結んでおいて、そのラケットで素振りをする方があります。

ラケットの面が正しければ、レジ袋があるために空気抵抗を感じるためにスイングが重くなります。

逆にスイングが軽く感じる場合は、ラケットの面が正しく無いということになります。
インパクトの後で急に軽く感じる場合は、ラケットをこねて打っている可能性があります。

また、空気抵抗があると言うことはスイングで筋肉に負荷がかかるのでスイングに必要な筋力が鍛えられるので、速いボールを打つ練習にもなります。

ちなみに、空気抵抗があるとスイングスピードが遅くなりますが、これをなるべく普段のスイングスピードになるようにして連続で10回素振りをしてみてください。

そして、その後レジ袋を外してボールを打ってみてください。

いつもよりも速いボールが打てます。

と言うことで、結論ですが、

「素振りは練習に必要」です。

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

【 関連記事 】

テーマ:ソフトテニス in ジャンル:スポーツ

コメント

15年間毎日素振りしています。全く効果はありません。
上手い人の体重移動を真似しろとありましたが、それは本人でないかぎりわかるはずががありません。
上手く打てなくて悩むくらいなら、他のスポーツをしたほうがはるかに楽しいです。
打てる人、打てない人と2通りあるので打てなければテニスなんかする必要はありません。

Re: タイトルなし

>偽まつけん さん

素振りに限らず練習をしたら、飛躍的に上手くなるわけではありません。
一日一日の上達度は小さいので、上手くなった実感がないかもしれません。
でも15年前と今と比べたら、うまくなっていると思います。

テニスについて否定的なことを書いていますが、偽まつけんさんはテニスをしているからここに書き込んでいるのですよね?
そこまで書いていながらなぜテニスをしているのでしょうか?

他のスポーツをして上手くできなかったら、また同じように他のスポーツをした方が楽しいと言うかもしれませんね?

今は苦しい時期なのかもしれませんが、壁を乗り越えたときにまた楽しさが出てくると思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-PR-
ソフトテニスの掲示板
カウンター
プロフィール

夏色のNanty

Author:夏色のNanty
中学、高校と軟式テニス(当時の呼び名)をやっていました。
現在、千葉県在住の会社員でスポーツはするのも見るのも大好きです。
これまで色々なスポーツを経験したり、見たりしてきたことがソフトテニスの上達のヒントになればと思い、ブログを書いています。

Sports XEBIO
人気ソフトテニス本
オススメ商品
ソフトテニスお悩み投票
テニスウェア
ミズノ ナガセケンコー流ソフトテニス【DVD-BOX全5巻セット】 基本をマスターするためナガセケンコー所属のソフトテニスチームがソフトテニスの基本をわかりやすく説明。
ミズノ V首スウェットシャツ 豊富な7カラーバリエーション。 シンプルで飽きのこないデザインです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。