ソフトテニス うまくなる?練習方法

「ソフトテニス うまくなる?練習方法」では、ソフトテニスが少しでも上達できる方法を紹介しています。後衛のストローク、前衛のボレーやスマッシュ、そしてサーブやレシーブなどの技術的なことから、試合での戦術やセオリー、気持ち(メンタル)などソフトテニスに関する役に立つ情報が満載です。

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

正確なポジションに入る

投稿日:2010/01/11 |  カテゴリー:ストローク  |  コメント:8  | トラックバック:0
相手にロブを打たれた時に、楽に追いつけるからと言って一生懸命走らないことはありませんか?

このような状態ですとボールには届くけど、自分のフォームでしっかりと打つことが出来ず「手打ち」の状態で打つことになります。

振り回されてギリギリボールが届く状態では「手打ち」も仕方ありませんが、出来るだけ自分のフォームで打てるようにしっかりと走って、ラケットを引いた状態でボールを待つように意識することが重要です。

このラケットを引いた状態でボールを待つことは非常に重要で、シュートボールでボールを打ち合っているときも意識しているとストロークが安定します。

速いボールが打たれた場合や、伸びのあるボールが打たれた場合など振り遅れて、ボールが詰まってしまったり打ち損ねたりするのを防ぐこともできます。

また、早くラケットを引いていると相手の前衛に対しても牽制することが出来ます。

ボールのコースに素早く移動して(正確なポジションに入って)、自分のフォームで打つことを意識しましょう。

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

【 関連記事 】

テーマ:ソフトテニス in ジャンル:スポーツ

コメント

こないだも質問しましたALOHAです。
自分はサーブの位置が決まっていません。
気分によって端や真ん中あたり中央とバラバラです。最近は一定にしようと思ってるんですが、どこがいいかわかりません。
前衛と後衛両方教えてください。

Re: タイトルなし

>ALOHAさん

サーブを打つ位置と言うことで良いですか?(サーブのコースや打点では無いですよね?)

どこが良いかは、サービスコートが広く見える位置を考えると良いです。
また、サーブを打った後のポジションも意識しておくと良いと思います。
(相手のレシーブを受けやすい場所を考える。)

私の考えるサーバーの位置の基本はサーバーが右利きの場合、順クロスならサービスサイドラインの延長線から少しセンターに寄った位置、逆クロスなら、サービスサイドラインの延長線上から打つと良いです。

ただし、サーブを打つコースやサーブ&ダッシュをする場合は、サーバーの位置は変わってきます。

ありがとうございます。
では順クロスと逆クロスのサーブ位置が違う理由はなぜですか?


自分はサーブ&ダッシュをするのですが、そのときの位置はどのくらいがいいですか?

Re: タイトルなし

>ALOHAさん

順クロスでは右腕でサーブ、逆クロスでは左腕でサーブができるなら、サーブの位置は同じでも構わないですが、そのようなことが出来る人はほとんどいません。

そうなると、同じ位置でサーブを打つとなると肩幅の分だけ位置を移動しないといけないことになります。

また、相手のレシーブがバックに来た時に対処できるようにと言うことも考えています。

サーブ&ダッシュをする場合は、少しセンター寄りの方が良いと思います。

サーブを打つ位置は、サーブのねらい(目的、コース、打ち方)で変わっても良いと思います。ただ、その都度コロコロ変わるようですと、相手にサーブのねらいがバレてしまいます。

そのような意味で、サービスコートが広く使えるような位置でサーブを打つことをお勧めします。

延長線から少しセンターによった位置とはどのくらいの距離ですか?

Re: タイトルなし

>ALOHAさん

どのくらいの距離かは、その人次第です。

サーブの打ち方、サーブの速さ、サーブの確率、それにダッシュでどこまで出れるか、相手のレシーブに対して対処できるエリアなどを考えて、決めてください。

考え方は、相手からのレシーブをどこで打ち返すかです。

そのポジションにが自分にとって不利なポジションでは駄目です。

そして、そのポジションに行くには、どこでサーブを打てば良いかを考えて、後はサーブが入らないことには意味がありませんので、サーブが確率良く入る位置の両方をバランスを考えれば良いです。

ナンシーさん、こんばんは!
ちゃおみと申します。
中2の息子がソフトテニスに夢中です。
早くラケットを引いてポジションにはいる、ってホントに
大事なことですよね。
しかし、息子はどうしても出だしが一歩遅いんです。
足は速いほうですが、なにゆえ一歩が遅いのか謎です。
本人もわかっているのですが・・・
本人が意識して早く出る以外に、効果的なトレーニングは
ございますか?
もしお時間があればブログに載せていただけるとありがたいです。

Re: タイトルなし

>ちゃおみさん

こんばんは。

他の記事を読んで参考になったようですが、もうひとつコツがあります。

相手の動きを良く観察して、どこにボールが来るか予測することが大事です。

その内容に関連したことをブログに載せましたので、そちらもご覧ください。

【過去記事】
テニスに運動神経は必要ありません…http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-419.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-PR-
ソフトテニスの掲示板
カウンター
プロフィール

夏色のNanty

Author:夏色のNanty
中学、高校と軟式テニス(当時の呼び名)をやっていました。
現在、千葉県在住の会社員でスポーツはするのも見るのも大好きです。
これまで色々なスポーツを経験したり、見たりしてきたことがソフトテニスの上達のヒントになればと思い、ブログを書いています。

Sports XEBIO
人気ソフトテニス本
オススメ商品
ソフトテニスお悩み投票
テニスウェア
ミズノ ナガセケンコー流ソフトテニス【DVD-BOX全5巻セット】 基本をマスターするためナガセケンコー所属のソフトテニスチームがソフトテニスの基本をわかりやすく説明。
ミズノ V首スウェットシャツ 豊富な7カラーバリエーション。 シンプルで飽きのこないデザインです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。