ソフトテニス うまくなる?練習方法

「ソフトテニス うまくなる?練習方法」では、ソフトテニスが少しでも上達できる方法を紹介しています。後衛のストローク、前衛のボレーやスマッシュ、そしてサーブやレシーブなどの技術的なことから、試合での戦術やセオリー、気持ち(メンタル)などソフトテニスに関する役に立つ情報が満載です。

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

ボレーのインパクトのタイミング

投稿日:2009/11/23 |  カテゴリー:ボレー  |  コメント:8  | トラックバック:0
ボレーで重要なことは、ポジション、動き出し、そしてインパクトのポイントです。

今回は、このボレーのインパクトのポイントについて書きます。

ボレーは、ネットに近いところでインパクトをすることが大切です。

なぜなら、インパクトのポイントがネットから離れていると、ネットをする確率が高くなるからです。

例えば、ボールがラケットの面のスイートスポットに当たらないことがあります。

このように打ち損じた場合でも、ネットに近いところでインパクトすればボールは相手コートに入ります。

ポーチ(ランニング)ボレーも、体の横では無くて前でインパクトするようにします。

意識としては、自分の体の前でボレーをすることを心がけましょう。

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

【 関連記事 】

テーマ:ソフトテニス in ジャンル:スポーツ

コメント

こんばんは。
いつも参考にしています。

質問なんですが、ボールがふかないようにするにはどうすればいいんでしょうか?
バックは問題ないのですが、フォアは昔からアウトするのが怖く、しっかり振り切ってドライブをかけるようにしていたら、皮肉なことに今ではふいてしまってアウトするようになりました…。
プッシュするように打ったりしたんですが、変に力んでフォームが崩れ、ネットミスも増えてきました。

後衛なので、一層深刻な悩みです。何か解決のヒントがあればお願いします。

バックのボレーとローボレーとスマッシュが力が入りません。
相手にポーンとチャンスボールになってしまいます。
逆クロスからのポーチボレーは、いいんですが正クロスからストレートにきたボールが苦手です
バックスマッシュもです。
どうすればボールに力が伝わるのでしょうか?

Re: タイトルなし

>tashoさん

こんばんは。
いつもブログを見て頂いて、ありがとうございます。

さて、ボールがふいてしまうと言うことですが、考えられる理由は幾つかありますが、まずは次のことに注意してみてください。

「インパクトの時だけ、力(ちから)を入れる」

イメージとしては、ボールを叩くと言った感じです。

リラックスした状態でバックスイングして、インパクトの時だけ力(ちから)を入れると言うことだけ意識してみてください。

最初は上手く打てないかもしれませんが、頑張ってみてください。

Re: タイトルなし

>もみあげさん

今回のブログの記事にも書いていますが、打点を前にすることがポイントになります。

例えばスマッシュも、打点を高くと言われますが、打点を頭の真上ではなくて斜め前(おでこの延長線上)にするとボールをたたきつけることが出来ます。

頑張ってください。

回答ありがとうございます。
今度練習するときに気をつけてみます。

また何かあれば書き込みたいと思いますので、よろしくお願いします。

Re: タイトルなし

>tashoさん

クセが抜けるまでは、上手く打てないかもしれませんが頑張ってください。

上手くいかなかったら、また書き込みしてください。

中2女子です。
前衛なんですが、いざボールを目の前にすると頭が真っ白になってしまい、いつも同じミスをして先生に怒られてしまいます。
頭では分かっているのに・・・・・。
どうしたら考えながらプレーができるようになるでしょうか?

Re: タイトルなし

>ごん さん

相手がボールを打ってからネットに到達するまでに、1秒もかかりません。
少し意地悪な言い方をすると、ネットプレーをするときに考えながらプレーをする時間の余裕はありません。
相手の打ち方や動きから、考えるよりも先に自然に体が反応するようになるのがベストです。

ではどうしたら良いかですが、
自然に体が反応するのは試合での話であって練習のときは当然考えながらやらないといけません。
体が自然に反応するぐらいたくさん練習する必要があります。

先生に注意されたことを考えて練習しましょう。
もし、色々と注意されたのであれば、まずはその中から一つだけを意識するようにすると良いです。
あれもこれも考えながら動くと、結局上手くできないことがあります。

とにかくたくさんボールを打つようにしましょう。
たくさんボールを打てば、自然と上手く打てるようになります。
上手く打てるようになると余裕が出来てきます。

頑張ってください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-PR-
ソフトテニスの掲示板
カウンター
プロフィール

夏色のNanty

Author:夏色のNanty
中学、高校と軟式テニス(当時の呼び名)をやっていました。
現在、千葉県在住の会社員でスポーツはするのも見るのも大好きです。
これまで色々なスポーツを経験したり、見たりしてきたことがソフトテニスの上達のヒントになればと思い、ブログを書いています。

Sports XEBIO
人気ソフトテニス本
オススメ商品
ソフトテニスお悩み投票
テニスウェア
ミズノ ナガセケンコー流ソフトテニス【DVD-BOX全5巻セット】 基本をマスターするためナガセケンコー所属のソフトテニスチームがソフトテニスの基本をわかりやすく説明。
ミズノ V首スウェットシャツ 豊富な7カラーバリエーション。 シンプルで飽きのこないデザインです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。