ソフトテニス うまくなる?練習方法

「ソフトテニス うまくなる?練習方法」では、ソフトテニスが少しでも上達できる方法を紹介しています。後衛のストローク、前衛のボレーやスマッシュ、そしてサーブやレシーブなどの技術的なことから、試合での戦術やセオリー、気持ち(メンタル)などソフトテニスに関する役に立つ情報が満載です。

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

レシーブを得意にする!

投稿日:2009/04/27 |  カテゴリー:レシーブ  |  コメント:10  | トラックバック:0
以前のブログの記事の「あなたがソフトテニスで悩んでいることは?」で投票箱の投票で、投票数は少ないのですがコメントが目立っていたので、今回はレシーブについて色々考えてみたいと思います。

まず、レシーブについての悩みは大きく二つあるようです。

1.レシーブのミスが多い。
2.どこにレシーブを打って良いか分からない。

それでは、それぞれについて考えてみます。

1.レシーブのミスが多い。

レシーブにミスはつきものです。
硬式テニスでよくつかわれる言葉で「サービス・キープ」、「ブレーク」があります。
サービスを打つ人がそのゲームをとれば「キープ」、その反対は「ブレーク」となります。
乱暴に言うとテニスではサービス側が有利と言うことです。

ですので、レシーブで心掛けるのはまずは相手コートに返すこと。

速いサーブ、厳しいコースサーブ、変化するサーブは、どれも打ちにくいですが、とにかく相手コートに返すことを心がけてください。

もうひとつのポイントは、コンパクトにスイングすること。

ある程度余裕をもって打てる状態であれば、コンパクトにスイングをして打つようにしましょう。
これは、レシーブは通常ベースラインよりも内側で打つため、ベースラインよりも後ろで打つストロークと同じスイングをしていてはアウトしてしまいます。

コンパクトにスイングする意味は、ボールにしっかりと順回転をかけることにあります。
順回転がかかったボールは下に落ちようとしますので、アウトの確率が大きく減ります。

2.どこにレシーブを打って良いか分からない。

これについては、過去の記事で順クロスの場合を紹介していますので、そちらをご覧ください。
逆クロスについても参考になると思います。

【過去記事】
レシーブのコース(順クロス)
攻撃的なレシーブ(順クロス)

それと、こちらも過去の記事もレシーブについて、色々と参考になると思います。
例えばレシーブの立ち位置(ポジション)で、レシーブをしやすくするとか...

【過去記事】
レシーブが苦手な人、手を上げて
速いサーブや厳しいコースへのサーブのレシーブ(その1)
速いサーブや厳しいコースへのサーブのレシーブ(その2)
速いサーブや厳しいコースへのサーブのレシーブ(その3)
カットサーブのレシーブ

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

【 関連記事 】

テーマ:ソフトテニス in ジャンル:スポーツ

コメント

こんにちは

いま中1の初心者です
ボールが高い!といわれるんですがどうしたらいいですか?

それから、手打ち&2度引きになってるって言われるんですが、なんか解消法?みたいなのありますか?

Re: タイトルなし

nanaseさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

「ボールが高い」の状況がイメージできていないのですが、おそらく腰の位置が高いことを指摘されているのかもしれませんね。

手打ちや2度引きも指摘されているとのことですので、まずはフォームを安定させるために、素振りをすることをオススメします。

素振りはカッコいい練習ではありませんが、結構効果がでます。

上級者と初心者の決定的な違いは、ラケットを振る回数です。
早くうまくなるには、それだけたくさんラケットを振る必要があります。

頑張ってください。

こんにちは!
中2です^^

私は前衛ですが攻撃的なレシーブやポーチボレーが
なかなか出来ません。
特にボレーのミスが多いです。
ミスをするとすぐ弱気になってしまうし、「思い切って出る」
という事が出来なくなってしまいます・・・

何かしたら少しでも変わるのでしょうか・・・?

Re: タイトルなし

>aimi さん

こんにちは。

前衛はミスが許されるポジションです。
それに攻めるためにネットについているのですから、ボレーが出来なくてもどんどん動くことが大切です。
なぜ、前衛は動かなくてはいけないかと言うと、相手からしたら動き回る前衛は打つ時にはとても気になります。
前衛のことを気にして打つと、集中できていないので必ずミスがでます。

逆に動かない前衛や、守備的な前衛だと相手からしたら、前衛を気にしなくて自由に好き勝手に打つことができます。

私は高校の途中から前衛になりました。
初めての試合は、それこそボールに食らいついていきました。
もちろん、前衛として初めての試合ですからたくさんのミスもしましたが、ポジションも良くなかったでしょうし、ポーチのタイミングも悪かったと思います。
でも、絶対に1本決めてやろうと思って動き回っていました。

ポーチボレーについては、過去のブログの記事に色々と書いていますので、そちらもご覧ください。

【過去記事】
前衛は早めの勝負を心がけること・・・http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-561.html
ポーチボレーでの気持ちの持ち方・・・http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-535.html
ポーチボレーで必要なこと・・・http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-534.html
ポーチボレーでの心構え・・・http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-533.html
ボールと顔の距離を近くする・・・http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-516.html

ありがとうございます

小さいミスを気にせずに思いっきりボレーに出て行こうと思います
私はまだまだ迷いがあって動きが小さいので
たくさん動いてよい前衛になりたいです!

記事、参考にさせていただきます^^

Re: タイトルなし

>aimi さん

自分では動いていると思っていても、周りから見たら意外と動けていないものです。

是非、頑張ってください。

太字の文

私は中2の女子 前衛です。
ソフトテニスを始めて1年半くらい経ちます!

私はレシーブミスが多いです。
コンパクトに振れてると思うんですが・・・
どうすればいいでしょうか。 

あとセカンドサーブがカットなんですが
あまり安定しません!
前は7割で最近やっと8割ちょいくらいになったばっかりなんです・・・。
コツとかあれば是非教えてください☆★

お願いします!!!

Re: タイトルなし

>マイメロ☆らぶ さん

レシーブの基本は、コンパクトでシャープなスイングです。
シャープなスイングは出来ていますか?
ラケットをしっかりと振り切ることで、ボールにドライブ回転が掛かりアウトしにくくなります。
ミスを怖がって中途半端なスイングをしていると、ボールに十分な回転が掛からないのでアウトしやすくなります。
ラケットを振り切ることを意識してみてください。

カットサーブについては過去のブログの記事をご覧ください。

【過去記事】
カットサーブのフォロースルー・・・http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-441.html
カットサーブの時の手首・・・http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-423.html
カットサーブが入るための考え方・・・http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-390.html
カットサーブが安定する方法・・・http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-301.html

こんにちは、中1のソフトテニスまだ4ヶ月の者です。
いきなりですが…あと三日後に新人戦があります!
私の中学校は毎年優勝していて、優勝しないといけないというプレッシャーが半端ないです。
最近、ラリーをしていて分かったのですがラリーのフォア(レシーブ)が全然打てません。打てても、変な打ち方になります。
でも、打ち込みなどのフォアは打てます。(私は、最近までフォアにとてもキツくカットがかかっていました。)
とても、焦っています!何かアドバイス、解決策をお願いします。

Re: タイトルなし

>アザラシ さん

こんにちは。

「自分の打点」って知っていますか?
フォアの場合、多少打点が乱れても打ててしまうため、意識していない人もいるのですが、常に同じ打点で打つようにするとボールが安定します。

自分の打点とは、ボールに対してラケットの面がフラットに当たるところ、そして特別に力を入れなくてもボールが飛ぶところになります。

ウェスタングリップで膝を曲げてスクエアスタンス(普通の打ち方)打つのであれば、前足の辺りが打点になります。

打点が前過ぎたり遅れていたり、体に近かったりするとラケットの面がスムーズに出てこなくてボールにカットが掛かってしまいます。

まずは、打点を意識してみましょう。


常に同じ打点で打つためのポイントとしては、
ラケットを持っていない方の手を利用すると良いです。

テークバックの時にラケットを持っていない方の手をボールを掴むつもりで前に出します。
もちろん実際はボールを掴みませんが、こうすることで自分の視界にボールと自分の手が見えるのでボールとの距離感がつかみやすくなります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-PR-
ソフトテニスの掲示板
カウンター
プロフィール

夏色のNanty

Author:夏色のNanty
中学、高校と軟式テニス(当時の呼び名)をやっていました。
現在、千葉県在住の会社員でスポーツはするのも見るのも大好きです。
これまで色々なスポーツを経験したり、見たりしてきたことがソフトテニスの上達のヒントになればと思い、ブログを書いています。

Sports XEBIO
人気ソフトテニス本
オススメ商品
ソフトテニスお悩み投票
テニスウェア
ミズノ ナガセケンコー流ソフトテニス【DVD-BOX全5巻セット】 基本をマスターするためナガセケンコー所属のソフトテニスチームがソフトテニスの基本をわかりやすく説明。
ミズノ V首スウェットシャツ 豊富な7カラーバリエーション。 シンプルで飽きのこないデザインです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。