ソフトテニス うまくなる?練習方法

「ソフトテニス うまくなる?練習方法」では、ソフトテニスが少しでも上達できる方法を紹介しています。後衛のストローク、前衛のボレーやスマッシュ、そしてサーブやレシーブなどの技術的なことから、試合での戦術やセオリー、気持ち(メンタル)などソフトテニスに関する役に立つ情報が満載です。

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

攻撃的なアンダーカットサーブの打ち方

投稿日:2008/11/01 |  カテゴリー:カットサーブ  |  コメント:13  | トラックバック:0
以前、アンダーカットサーブの打ち方を紹介しました。

今度はより攻撃的なアンダーカットサーブの打ち方を紹介します。

ポイントはラケットの遠心力を使って強烈な回転をボールに与えます。

 しかも、ラケットの面に接する時間が長い方がよりボールに回転を与えることができます。

1.スタンスはオープンスタンスにする。

2.ラケットは長く持つ方が良い。

3.テイクバックは大きくとる。

4.トスするボールはヒザより低くする。

5.スイングは大きく、ラケットの真ん中より先の方で打つ。

6.なるべくラケットの面にボールが長く接するように意識する。

7.フォロースルーも大きくする。

基本的には、普通のアンダーカットとあまり変わりませんが、より強烈な回転をボールに与えるために、ラケットを長く持ってスイングも大きくしてラケットの遠心力を使うようにして打ちます。

ボールに強烈な回転がかかっているのでバウンドしてからの変化が大きいため、レシーブが難しくなります。

ただし、ラケットを長く持ったり、スイングを大きくしたりするため、普通のカットサーブよりも確率は低くなってしまいます。

また、純粋な横回転だけだとバウンドしてからの変化が少ない、必ずバック回転を少し入れましょう。

記事が気に入っていただけたら拍手ボタンをクリックしてください。どの記事に興味があるか今後の参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下のリンクをクリックして応援してください。
「ソフトテニス うまくなる?練習方法」を続ける元気につながります。

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

【 関連記事 】

テーマ:ソフトテニス in ジャンル:スポーツ

コメント

僕は後衛ですがボレーとスマッシュが得意でベースラインからでもスマッシュを打ち込むことができます(まあ、一つ言えることは「サービスラインに入れるよりずっと簡単」ですかね。)回転はリバースです。得意はリバースサーブ・バックカットサーブ・ドロップ・スマッシュ・ボレー・バックハンドストロークですがこれ以外はコントロールが駄目です。(ロブも。やばい!)どうしたら良いでしょう。 ................           貴方はベースラインからスマッシュを打たれても平気ですか? 回答の最後にお願いします。

Re: タイトルなし

>yu-ki さん

結局、どのショットのコントロールが問題なのですか?

コントロールを安定させるには、打点を安定させるのが一番です。
例えば、フォアハンドストロークの場合は、打点の範囲が広いので、多少打点が前でも後ろでもボールを打つことができますが、それではコントロールできません。

ロブが苦手ですね。有り難うございます。

Re: タイトルなし

>yu-ki さん

ロブもしっかり体全体で打つようにすると良いと思います。

腕だけでも打ててしまいますが、その分不安定になってしまいます。

ドライブをよりよくかけるにはどうしたらいいでしょうか?

Re: タイトルなし

>海の風 さん

ストロークでの話で良いですか?
その場合は、スイングスピードを上げると良いです。

通常ストロークでは、ボールに対してラケットの面はフラットの状態でインパクトします。
その後、フォロースルーを行うことで、ラケットの面がボールにかぶさるような動きになるので、自然とボールにドライブ回転が掛かります。(手首をこねて打つことではありません。)

ところがスイングスピードが遅いと、インパクトした後フォロースルーでの効果が得られる前に、ボールがラケットから離れてしまいます。

スイングスピードをあげようとすると、テークバックから腕に力を入れてスイングしてしまうことが多いです。
なるべくリラックスした状態で、テークバックを行いインパクトのときだけ力を入れるようにすると良いです。

もう一つアドバイスです。
ラケットの面にビニール袋を被せて素振りをしてみてください。
正しいスイングが出来ていればビニール袋が空気抵抗になって、スイングが重く感じます。
その状態でなるべく普段のスイングスピードになるようにして、連続で10回ほどやってみましょう。
そして、そのあとそのビニール袋を外して、素振りをしてみてください。
スイングスピードが速くなったことが実感できると思います。
これはあくまでも一時的なことですので、この素振りの練習をしばらく続けてみると良いです。
スイングに必要な筋力がアップするので、オススメです。

ありがとうございます。 ぜひ試してみます!!

Re: タイトルなし

>海の風 さん

是非、頑張ってください。

今日練習試合だったんですけどおかげで5試合 全部勝つことができました。 本当にありがとうございます!

Re: タイトルなし

>海の風 さん

5試合全勝、良かったですね。
これからも、頑張ってくださいね。

さらにレベルアップするためには、目標を持ってやると良いですよ。

カットサーブオープンスタンスで打ったら左のサイドで打とうとしたら
サーブがまっすぐいってしまいますどうすればいいでしょうか

Re: タイトルなし

>らいと さん

右サイドでは、ちゃんと打てているということで良いですよね?
オープンスタンスで打つ場合、気をつけるのはボールを打つ方向に対してどの程度スタンスを広げるかになります。

ベースラインを基準にしていたり、サイドラインを基準にスタンスを決めていたりすると、狙ったコースにボールが行きません。

繰り返しになりますが、打ちたいコースに対してどの程度のスタンスを取るかを意識してみてください。

No title

頑張れ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-PR-
ソフトテニスの掲示板
カウンター
プロフィール

夏色のNanty

Author:夏色のNanty
中学、高校と軟式テニス(当時の呼び名)をやっていました。
現在、千葉県在住の会社員でスポーツはするのも見るのも大好きです。
これまで色々なスポーツを経験したり、見たりしてきたことがソフトテニスの上達のヒントになればと思い、ブログを書いています。

Sports XEBIO
人気ソフトテニス本
オススメ商品
ソフトテニスお悩み投票
テニスウェア
ミズノ ナガセケンコー流ソフトテニス【DVD-BOX全5巻セット】 基本をマスターするためナガセケンコー所属のソフトテニスチームがソフトテニスの基本をわかりやすく説明。
ミズノ V首スウェットシャツ 豊富な7カラーバリエーション。 シンプルで飽きのこないデザインです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。