ソフトテニス うまくなる?練習方法

「ソフトテニス うまくなる?練習方法」では、ソフトテニスが少しでも上達できる方法を紹介しています。後衛のストローク、前衛のボレーやスマッシュ、そしてサーブやレシーブなどの技術的なことから、試合での戦術やセオリー、気持ち(メンタル)などソフトテニスに関する役に立つ情報が満載です。

アーカイブ:2010年07月

夏休みの間に何か一つを極めてみましょう。

投稿日:2010/07/26 |  カテゴリー:その他  |  コメント:0  | トラックバック:0
夏休みが始まって、暑い中みっちりとソフトテニスの練習をしていると思います。せっかくの長い休みですし、何か一つ極めてみたらどうでしょうか?例えば、ファーストサーブの確率を100%にするとか、バックストロークでロブを打てるようにするとか、ストロークで狙ったコースに打てるようにするとか、フォアボレーを得意にするとか、ローボレーはミスらないとか、スマッシュを打てるようにするとか...。●まず目標を立てましょう...
スポンサーサイト

「夏休みの間に何か一つを極めてみましょう。」の続きを読む »

テーマ:ソフトテニス in ジャンル:スポーツ

ストロークで「体の開きが早い」と言われている方へ

投稿日:2010/07/20 |  カテゴリー:ストローク  |  コメント:0  | トラックバック:0
「体の開きが早い」ことを悩んでいる方からの質問が続いたので、今回は体の開きについてコメントします。まず、体を開いて打つことには、メリットとデメリットがあります。●メリットオープンスタンスは、体が開いた状態で打つことになります。意図的にこの打ち方で打っているのであれば、あまり問題ではありません。オープンスタンスの利点は、打点範囲が広く取れる事にあります。例えば右利きの人が順クロスで打ちあっていたとし...

「ストロークで「体の開きが早い」と言われている方へ」の続きを読む »

テーマ:ソフトテニス in ジャンル:スポーツ

ラケットをしっかりと振り切ることの意味

投稿日:2010/07/13 |  カテゴリー:ストローク  |  コメント:2  | トラックバック:0
ストロークでネットしたりアウトしたりミスをする原因の一つに「打点」があります。常に同じ打点がで打てれば良いのですが、相手の打つボールは速いボールもあれば遅いボールもありますし、深いボールもあれば短いボールもあります。相手の打つボールに合わせて自分が移動しないと、自分の打点で打つことはできません。(自分の打点で打つためのポイントについては、次回ブログの記事にします。)ストロークで特にアウトが多い場合...

「ラケットをしっかりと振り切ることの意味」の続きを読む »

テーマ:ソフトテニス in ジャンル:スポーツ
-PR-
ソフトテニスの掲示板
カウンター
プロフィール

夏色のNanty

Author:夏色のNanty
中学、高校と軟式テニス(当時の呼び名)をやっていました。
現在、千葉県在住の会社員でスポーツはするのも見るのも大好きです。
これまで色々なスポーツを経験したり、見たりしてきたことがソフトテニスの上達のヒントになればと思い、ブログを書いています。

Sports XEBIO
人気ソフトテニス本
オススメ商品
ソフトテニスお悩み投票
テニスウェア
ミズノ ナガセケンコー流ソフトテニス【DVD-BOX全5巻セット】 基本をマスターするためナガセケンコー所属のソフトテニスチームがソフトテニスの基本をわかりやすく説明。
ミズノ V首スウェットシャツ 豊富な7カラーバリエーション。 シンプルで飽きのこないデザインです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。